観光

- 陝西省 -
華清池 法門寺

動画の再生にはAdobe Flash Playerが必要です。
  • 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (0投票)
    Loading ... Loading ...
  • 2,217
  • 0

MAP拡大

動画の説明

華清池
華清池は西安から東に 30 キロ離れた驪山の麓にあります。驪山は海抜 1256 メートルで、風景秀麗なところで、三千年前の西周時代からの温泉の湯 元があります。天宝六年(748 年) 、山の周りに宮殿が建造され、その周りに 城が築かれました。唐の玄宗は毎年、ここを驪宮として楊貴妃を連れてここで 冬を過ごし、湯浴みをしたといわれています。現在、華清池は内外観光客が温 泉での湯浴みを体験することができる場所となっています。 現在の華清宮には 温泉の湯元が四ヵ所あり、一時間の湧出量は 125 トンです。温泉は 43 度、そ の中に石灰、炭酸マンガン、硫酸ナトリウムなどの九種類の有機物質が含まれ ていて、関節炎や皮膚病に効能があります。白居易の「長恨歌」の中に「春寒 くして浴びを賜る華清宮、温泉の見ず滑らかにして凝脂を洗う」と書いてあり ます。 華清池の表門は唐式を真似る門楼で、 ひさしの下で郭沫若氏の手書きの “華清池”の額を掲げています。扉を入って、東西両側には宮殿式の浴室があ ります。ここを過ぎて西へ歩いて、着きの扉を横切ると、1 組の色鮮やかで光 り輝き、 雄偉で美しく目を楽しませる建築群があります。 九竜池はその中心で、 清らかな水に青い波、 面積は 5300 平方メートルです。 池の北岸には 「飛霜殿」 、 「沈香殿」 「宜春閣」 と があり、 東西はつり合い、 装飾の美を極め、 立派で堂々 としています。 西岸には南北の建物につながる九曲回廊の南端は順次 「海棠湯」 、 「蓮花湯」と「九竜湯」が並んでいます。楊貴妃が入浴したとされる「海棠湯」 は、 海棠の花の形をしていて、 玄宗が入ったのは 「蓮花湯」 と言われています。

法門寺
中国西北部の陝西省は3000年余りの歴史の中で、12の王朝が都を置かれたところです。それは現在まで保存されている多くの古代建築物の遺跡や文物がその悠久の歴史を物語っています。その中で、法門寺は1700前に建立された一見する価値のある場所です。
法門寺は西安の西部にある宝鶏市の間の法門寺鎮にあります。西安から100キロメートル余り離れ、車では西安から3時間ほどで着きます。法門寺の敷地面積は7ヘクタール弱で、24の庭からなっています。1700年前、建立された当時は、仏教が中国に伝えてまもなくでした。言い伝えによると、お釈迦さまが亡くなられた後、お釈迦様の遺骨、仏舎利が8万4千に分骨分され、世界各地の仏塔に収蔵されました。この法門寺の仏塔はその一つだということです。

みんなのコメント

コメントがありません。

ニックネーム
コメント
(300文字以内)

関連動画

2012-04-24 10:21:34

大雁塔 小雁塔 香積寺 興

2012-06-15 15:03:15

世界遺産ー莫高窟1

2012-04-26 08:54:44

内モンゴル草原の風情_07

おすすめリンク集