観光

- 陝西省 -
半坡遺跡博物館 茂陵博物館

動画の再生にはAdobe Flash Playerが必要です。
  • 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (0投票)
    Loading ... Loading ...
  • 2,436
  • 0

MAP拡大

動画の説明

半坡遺跡博物館
半坡遺跡博物館は西安市の市街地から東6キロ離れた産河の東側にあり、黄河流域における比較的に完全に整った典型的な母系制社会の村落遺跡である。六千年ぐらいの歴史を持っている。遺跡は面積が5万平米で、居住区と墓葬区に分かれている。
 1953年の春から、5回にわたって発掘を行った。発掘面積は1万平米ぐらいにも達している。発掘によって豊富な科学的な資料が得られた。1958年に遺跡の上に中国で初めての遺跡博物館が建てられた。1961年に国から全国重要文化財に指定された。

茂陵博物館
茂陵は漢武帝劉徹の陵墓であり、前漢皇帝の陵墓の中で規模が最大の一基です。陝西省の咸陽と興平の間の五陵原に位置し、西安から40キロ離れ、国家4A級観光地です。
茂陵は陵墓自体が壮大で、方錐の形をしています。周囲には衛青、霍去病、霍光、金日単、李夫人などの陪塚が20基余りあります。霍去病墓の前の石刻は中国で現在までに発見されたもののうち最も早期のもので、よく保存されており、芸術価値が高い石刻です。彫刻手法は簡潔で、石の原形を利用して形を整え、まるで自然に出来上がった物の様で、人類の芸術の貴重な宝物と見なされています。

陕南武侯祠
漢中の勉県の武侯祠、武侯墓、定軍山など劉備玄徳漢中王の处、諸葛亮制りの木牛流马の处、諸葛孔明の読書台、馬超祠墓など,漢中は陕西の南部,国の历史文名城です。

漢中博物館
漢中市博物館は、漢中市博物館は11月9日、1958年に設立されたとしても知られ、 漢中市、包括的な地元の歴史博物館は、陝西省のトップ10の美術館の一つとして記載されていた。 ライブラリには、石門漢、魏13項目、当該技術分野において板道路、漢の漢王朝の史跡、遺跡が見つかった漢の宋墓、古代の有名人の写真や宗教的な彫像のコレクションを傾斜古代の賛美、漢現代の革命史跡陳列する必要があります。

みんなのコメント

コメントがありません。

ニックネーム
コメント
(300文字以内)

関連動画

2012-04-25 16:36:41

思い出に残る安徽旅し_02

2012-04-25 17:53:16

内モンゴル草原の風情_04

2012-04-24 13:27:29

黄龍風景区_02

おすすめリンク集