世界遺産

- 陝西省 -
秦始皇兵馬俑博物館

動画の再生にはAdobe Flash Playerが必要です。
  • 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5.00)
    Loading ... Loading ...
  • 3,038
  • 0

MAP拡大

動画の説明

秦始皇兵馬俑博物館
「20世紀最大の発見」といわれる兵馬俑は、1974年に農夫が井戸掘りの作業中、偶然見つけました。秦の始皇帝(紀元前246~210)の陵墓より東へ1.5kmに位置し、約2200年前始皇帝を永遠に守るために副葬されたものです。 秦始皇(紀元前259年—前210年)は中国を統一した最初の封建皇帝である。彼の陵墓は、西安市臨潼区の東6キロメトールに位置する。 
 1974年にこの土地の農民が井戸を掘っていて偶然に発見した。秦の始皇帝が死後の自分を守るために等身大の兵馬を作らせたもので、当時の秦の軍団がそのままの形で再現されている。今西安の最大の見所になっている。
1974年に最初の兵馬俑坑が発見されており以來、現在までもう三つの俑坑が確認されており、それぞれに1、2、3番号を編成した。
三つの俑坑の中に実物の人、馬と等身大の陶俑や陶馬が合わせて約8000体がある。その中に戰車兵、騎兵や歩兵などの兵種があり、整然と隊列を組んで、あたかも巨大な地下始皇陵を守護する軍団のように見られる。
 1号館から3号館までに約8,000体の兵馬の俑(人間が殉死する代わりに埋められた人形)がある。兵馬俑は表情も一体一体で全て異なり、武器を手にしたものもいる。また秦銅車馬展覧館もある。

みんなのコメント

コメントがありません。

ニックネーム
コメント
(300文字以内)

関連動画

2012-04-24 13:27:29

黄龍風景区_02

2012-04-24 10:21:34

大雁塔 小雁塔 香積寺 興

2013-05-09 10:44:21

美しい中国1

おすすめリンク集