観光

- 河南省 -
河南観光

動画の再生にはAdobe Flash Playerが必要です。
  • 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (0投票)
    Loading ... Loading ...
  • 2,152
  • 0

MAP拡大

動画の説明

龍門石窟
世界遺産に登録されている「龍門石窟(北魏時代の仏教石窟、洛陽市)」と「殷墟(殷王朝後期の都市遺跡、安陽県)」、古都開封、少林寺(鄭州市登封)、嵩山(登封市)、白馬寺(洛陽郊外)、鶏公山(中国四大避暑地の一つ)、雲台山(焦作市の修武県)、黄帝故里(鄭州)、重渡溝(洛陽市栾川県)などが人気の観光地です。
世界遺産河南省洛陽の龍門石窟(北魏時代の仏教石窟)は洛陽市の南に13キロメートルに離れる伊河辺の両側につくられ、西暦493年ごろから約400年を経て、石窟約2000個、石像10万、石碑作品3600あまり、仏塔約40の中国古代歴史と芸術の貴重な文化財を残された。最も代表的な石窟は北魏の「古陽洞」、「賓陽洞」、「蓮花洞」と唐時代の「潜渓寺」、「万仏洞」、「奉先寺」、「看経寺」などである。これら古代芸術大師たち創られた豊富多彩 な芸術石像は中国古代歴史と芸術を研究する重要資料となり、龍門石窟の石碑に刻まれる書は中国書法芸術の珍品である。
洛陽はBC770年に周の都が置かれて以来、北魏、隋、唐など9王朝の都が置かれ、「九朝古都」とも呼ばれる。広い盆地にあるが、山中や川沿いの狭い道からしか入れず、守備に適していたからだ。 とくに洛陽から南へ14km、伊河に石灰石の山塊、東からは香山、西からは龍門山が迫るあたりは、天然の”城門”になっていた。

古都開封
開封は「七朝古都」で、名勝旧跡が多いです。紀元前364年、魏惠王は都を安邑から開封(当時は大梁と呼ばれる)まで移しました。開封の都としての歴史かこの時からのです。五代時期、後梁、後晋、後漢、後周は開封で都を定めたことがあります。960年、趙匡胤は北宋王朝を成立して、開封で都を定めて、東京と称されました。当時の開封は全国の政治、経済、文化、軍事中心で、一番繁栄な時期でした。宋徽宗の時、張択端の絵――清明上河図は当時開封の繁栄を生き生きと描きました。
その後、開封は20年間に金時代の都でした。[シ卞]京(ベンジン)と称されていました。
開封の名勝旧跡:大雄宝殿、倉頡墓、鉄塔、相国寺、禹王台、竜亭、嶽飛廟などです。

黄帝故里
中華人文始祖――軒轅黄帝の誕生地である黄帝故里は、新鄭市旧市街の北に位置して、漢は軒轅故里祠が建った、総面積は100余りムーに達し、中には中華の第一大帝――軒轅黄帝の故郷祠、中国第一碑――人祖碑、中華第一根――六竜盤丘根、中華第一聖人橋――軒轅橋、天下一の鼎――黄帝宝鼎と軒轅丘、軒轅黄帝記念館など。国家観光局に命名されたAAA級の観光地で、国内外の炎黄の子孫が肉親を捜し、祖先の位牌に礼拝する聖地である。

少林寺
嵩山少林寺は、中国の河南省鄭州市登封にある中岳嵩山の中の少室山の北麓にある寺である。インドから中国に渡来した達磨による禅の発祥の地と伝えられ、中国禅の名刹である。また少林武術の中心地としても世界的に有名である。
 前身は北周代に洛陽城内に宣帝が創建した陟古寺。隋の文帝代に、勅によって寺名を少林寺と改める。 『魏書』巻114「釈老志」によれば、その創建は、496年(太和20年)で、孝文帝が西域沙門の仏陀禅師(釈老志では跋陀、仏陀は『続高僧伝』巻16の表記による)の住寺として、少室山陰に建立したとされる。 その後禅宗では、唐代の『伝法宝紀』の時代になって初めて、菩提達磨がこの寺で面壁九年に及び、慧可が師の面前で断臂した寺であると伝承されるに至り、『宝林伝』以後の燈史が、それを踏襲する。 唐朝の創業期には、洛陽を本拠とした王世充の鄭国政権を見限り、唐の李世民(後の太宗)軍に対して自坊の僧兵たちを援軍として出すことで助力し、鄭の征討に貢献した。寺内には、「皇唐嵩岳少林寺碑」、「唐太宗御書碑」が残る。

白馬寺
白馬寺は河南省洛陽市の東12キロメートルの所に位置して、北は邙山に近寄り、南は洛水を眺めることができる。後漢の永平 11年(西暦紀元68年)に建って、仏教が中国に入って来た後初めて建立された寺院で、中国仏教の伝播と発展、国内外の文化交流について、重要な意義を持っている。中国の仏教史上で特殊な地位を持って、“釈源”、“祖庭”と尊重され、“中国第一の古刹”と称される。
洛陽は後漢の首都としてその当時中国で一番大きい都市であるとともに、世界でも有名な大都市であった。天竺(今インド)の高僧の摂摩騰・竺法籣はここで布教し、たくさんの仏教経典を持ってきてくださった。漢の明帝の劉荘が仏教の伝統的な建て方で寺院を建てるようにと勅命された、白馬が大月氏国(今アフガニスタンのあたり)からお経、仏像を載せて帰ったそうなので、白馬寺と名付けられた。

みんなのコメント

コメントがありません。

ニックネーム
コメント
(300文字以内)

関連動画

2012-04-23 18:02:37

華清池 法門寺

2012-04-24 11:46:21

天下の絶景 河南省の雲

2012-04-24 13:43:01

三国の跡を訪ね、蜀の道

おすすめリンク集